コンテンツへスキップ

永久脱毛と聞くと、確実にツルスベ肌を手に入れることができると思われがちです。しかし、良いことばかりではなく失敗することもあります。メンズ脱毛であれば、「ひげ」のトラブルが多くあります。今回は、ひげの永久脱毛した失敗談を具体例として提示して、永久脱毛にありがちな失敗をご紹介します。

男性にとってひげを剃ることは毎日行わなければならない動作です。時間がかかるため、毎朝のひげ剃りはめんどくさいということで永久脱毛をする人が増加しています。ひげが濃いことで朝に剃っても夕方には伸びているなんてこともありますよね。

永久脱毛をして失敗した例の一つが「痛み」です。永久脱毛を行うと再び毛はなかなか生えてこなくなりますが、治療中に激しい痛みに襲われてしまいます。この痛みに耐えられないということで断念した人も少なくありません。

想像以上の施術料がかかってしまったことも、代表的な失敗例として挙げることができます。ひげは狭い範囲だから回数が少なくても脱毛できると考え、施術回数の少ないコースを選んでしまう人が多いです。カウンセリングを受けているときに、範囲やひげの量などを考慮してプランを追加して説明します。

しかし、予定していた予算よりもオーバーしないために、節約してコース選択することで回数も最小限になってしまいます。回数を減らし安い値段にしたために、完全な施術が行われないままコースが終わってしまいます。さらに追加プランを支払って施術を受けてしまうことになり、予算オーバーしてしまいます。

施術した後に辛い症状が起こることもあります。症状には、火傷・毛嚢炎(もうのうえん)・硬毛化などがあります。火傷で皮膚が赤くなり、1日経っても赤いままという症状が出ます。火傷を起こしたときは軟膏剤を使わなければなりません。

毛嚢炎は、傷のついた皮膚に細菌が侵入して炎症を起こしてしまう症状です。毛嚢炎を引き起こさないためには、「しっかり洗顔する」「枕を清潔にする」「睡眠をとる」「規則正しい食生活を送る」、これらの習慣が大切になってきます。

最後に、硬毛化を説明します。レーザーが不十分に当たってしまったことで脱毛しきれず、毛がより強くなってしまう症状です。硬毛化すると、ひげ剃りにも倍の時間がかかってしまうことになります。レーザー施術を行った後は、必ずひげの濃さを確認しておきましょう。対策として、硬毛化していると感じたら施術を停止してください。

硬いひげは、数週間すると自然と抜けることがあります。硬毛化を避けるためにも医師の判断に従って施術を行うようにしましょう。様々な失敗例がありますが、どれも対策を行っていれば問題なく永久脱毛することができます。相談をしっかりすることと、施術後の自己管理の必要性を理解しておいてください。

私が中学生のときのことです。随分前の話になりますが、あまりのショックで忘れられないのでここに書きたいと思います。

中学二年生の時でした。古文の先生は、26歳の独身の女の先生でした。不細工とは言いませんが、中学生の私から見ても、もてるタイプではないなと言うのは見てわかりました。

そんな先生が、子供たちに答案を返していたとき、私は見てしまったのです!たぶん私だけじゃないはず!半そでの白いシャツを着ていたのですが、袖の口が大きく開いているため、先生が答案を上に持ち上げ、生徒の名前を呼ぶたび、わきの下が丸見えだったのです。

それも、まっくろ!!わきの下が毛だらけだったのです!!中学生の私でも、そろそろ脇に毛が生え始めて、そろうかなあ、と思っていたころなのに、26歳のお年頃の女性がボウボウなんて・・すっごくショックでした。

かわいくもなく、もてなさそうな人なら、余計に身なりを気にして、少しでもきれいであろうと思うものではないのでしょうか?ボウボウの脇を持った女性を見るのは初めてだったので、女性のと言うより、男の人の脇を見た感じで、ひどく汚く感じました。

エチケットとか、不潔とか言う前に、女性であるなら、ましてや、結婚前の女性であるなら、万が一にも備えて、処理するべきだと思います。そんな脇では、女性らしさのかけらもなくなってしまう気がします。

剃らなきゃいけないものではないかもしれませんが、女の私から見ても汚らしいのだから、男の人からみたら、ザーッと引かれると思います。気をつけてほしいなあと、同じ女性として思います。

今は子供の脱毛ができるところもあるというか、子供ですら脱毛ができる時代になっているみたいですので、大人でしたら最低限はしておくべきなんじゃないかなって思います。

子供ですら、脱毛に行きたい、綺麗になりたいって思っているんだから・・・て思いますね。

そして今の私はその先生と同じ年になりました。先生のようにならないために、脱毛サロンに通っていますよ・・・。レーザー脱毛の方が良いって聞いたんで、神戸にあるクリニックに通っています。

神戸の医療レーザー脱毛情報。失敗しないためのクリニック選び。

 

お金に困る時は大体急な出費が続く時なのですが、予定外にお葬式の連絡が入ったり、普段使っている物が壊れて買いに行くなど月初めに予定していた金額を上回ると頭が混乱してしまうのです。

そんな中でも最も怖い時期は税金の支払いの時なのですが、まず車の税金の納付書がポストに投函されているのから始まって、次に固定資産税、さらには追い打ちをかけるように市民税や県民税の納付書が容赦なくやって来ます。

お金がある時ならすぐにでも支払えるのですが、お金の無い時はどうやって支払えば良いのか全く分からず結果貯金を下ろして支払ったり、滞納をして払える時に払うと言った感じなのです。

税金などの支払いは、お金がないから待って、、、っていう訳にはいきませんからね(+o+)

我が家は車を2台所有しているのですが、軽ではないので2台で何と9万円の税金の支払いからスタートします。

その後固定資産税は持ち家なので年額18万円ほどかかり、3期に分けても相当のお金が必要になって来ます。

何で車も家も自分のものなのにお金を支払わなければいけないのだろうとつい考えてしまうのですが、せっかく貯金をしても税金で持って行かれてしまったら何のための貯金か分からなくなるのが現状です。

そんな時にいつも目にするのがキャッシングや消費者金融のCMなのですが、いっその事簡単に借入して税金を支払おうかなとも考えてしまいます。

実際今までに1度だけ、お金がなくてどうしようもない時にカードローンでお金を借りた 事があります。

この時は本当にどうしようもなく、仕方なく借りる事にしたんですが、実際使てみたら凄い便利で助かりましたね、

最初はちょっと抵抗があったんですが、しっかり計画性を持って利用したら便利ですよ(^^)/

お金は中々貯まらないのが悩みなのですが、何とか苦労しないだけの収入があればと言うのが今の夢です。

体質的にかなり毛が濃いのですが、とりわけヒゲの剛毛っぷりにはホトホト嫌気がさしています。

まず、毎日のヒゲ剃りが凄く面倒です。1日に2度のヒゲ剃りをしているにもかかわらず、翌朝にはもうヒゲが伸びてきています。当然のことながらまた剃るわけですが、これだけで5分くらいは時間を取られるんですよね。

加えて、肌が敏感なため、ヒゲ剃り負けしてしまう私。ヒゲを剃った後、ヒリヒリとしてきて、朝からテンションガタ落ちです。本当ならヒゲを剃らずにそのまま出社したいんですけどね。そうもできない理由があるんです。

というのも私、お客様相手の仕事についているため、ヒゲはご法度なんです。これがねえ、剛毛の私からすると、本当に受け入れがたくて・・。だって、ヒゲがお客様に対して失礼って、どういう事なんですか?マナーやエチケットの観点から相応しくない、という事らしいですが・・。

なんかねえ、それを聞くたびに自分自身が否定されているような、そんな気分になるんですよね。「濃いヒゲが生えてくる私は、生まれつきマナーやエチケットがなっていないのか」、とまあ、被害妄想だとは思いますが、そんな風に考えてしまうんです。

なもんで、最近ではいっそのこと脱毛してしまおうかと考えています。正直言って、日本ではヒゲというのは、百害あって一利なしだと思うんですよね。無くて困ることはないけど、あって得することはあまりない。

強いて言えば、オシャレやファッションくらいのものですが、それも私のようなお客様相手の職業では、楽しむことが出来ません。それを考えるとねえ、どうせなら失くしてしまった方が良いような気がするのです。

これから先何年も悩みくないので、最近はひげ脱毛のことを調べています。私は岡山に住んでるんですが、岡山にもヒゲ脱毛ができるクリニックや脱毛サロンがありました。

はやく解放されたいので、こんどカウンセリングに行ってみます!

ヒゲ脱毛岡山