コンテンツへスキップ

安全に脱毛したい!

永久脱毛と聞くと、確実にツルスベ肌を手に入れることができると思われがちです。しかし、良いことばかりではなく失敗することもあります。メンズ脱毛であれば、「ひげ」のトラブルが多くあります。今回は、ひげの永久脱毛した失敗談を具体例として提示して、永久脱毛にありがちな失敗をご紹介します。

男性にとってひげを剃ることは毎日行わなければならない動作です。時間がかかるため、毎朝のひげ剃りはめんどくさいということで永久脱毛をする人が増加しています。ひげが濃いことで朝に剃っても夕方には伸びているなんてこともありますよね。

永久脱毛をして失敗した例の一つが「痛み」です。永久脱毛を行うと再び毛はなかなか生えてこなくなりますが、治療中に激しい痛みに襲われてしまいます。この痛みに耐えられないということで断念した人も少なくありません。

想像以上の施術料がかかってしまったことも、代表的な失敗例として挙げることができます。ひげは狭い範囲だから回数が少なくても脱毛できると考え、施術回数の少ないコースを選んでしまう人が多いです。カウンセリングを受けているときに、範囲やひげの量などを考慮してプランを追加して説明します。

しかし、予定していた予算よりもオーバーしないために、節約してコース選択することで回数も最小限になってしまいます。回数を減らし安い値段にしたために、完全な施術が行われないままコースが終わってしまいます。さらに追加プランを支払って施術を受けてしまうことになり、予算オーバーしてしまいます。

施術した後に辛い症状が起こることもあります。症状には、火傷・毛嚢炎(もうのうえん)・硬毛化などがあります。火傷で皮膚が赤くなり、1日経っても赤いままという症状が出ます。火傷を起こしたときは軟膏剤を使わなければなりません。

毛嚢炎は、傷のついた皮膚に細菌が侵入して炎症を起こしてしまう症状です。毛嚢炎を引き起こさないためには、「しっかり洗顔する」「枕を清潔にする」「睡眠をとる」「規則正しい食生活を送る」、これらの習慣が大切になってきます。

最後に、硬毛化を説明します。レーザーが不十分に当たってしまったことで脱毛しきれず、毛がより強くなってしまう症状です。硬毛化すると、ひげ剃りにも倍の時間がかかってしまうことになります。レーザー施術を行った後は、必ずひげの濃さを確認しておきましょう。対策として、硬毛化していると感じたら施術を停止してください。

硬いひげは、数週間すると自然と抜けることがあります。硬毛化を避けるためにも医師の判断に従って施術を行うようにしましょう。様々な失敗例がありますが、どれも対策を行っていれば問題なく永久脱毛することができます。相談をしっかりすることと、施術後の自己管理の必要性を理解しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です